工場の仕事の基本!ライン作業

ライン作業とは、ベルトコンベアの上に流れてくる製品を組み立てたり、加工したり、袋に詰めたりすることです。ライン作業と言っても、コンビニやスーパーのお弁当を作る、自動車のタイヤなどのパーツの取り付けや検査など、実に様々です。一定のペースで行うので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくれば効率よく作業ができるようになっていきます。単純作業の繰り返しなので、無資格、未経験者でも行える仕事が多いです。

商品をチェックする!検査の仕事

ライン作業で作られた製品などをチェックする仕事です。できあがった商品に不具合がないか確認したり、発送前に数が合っているのかチェックしたりするでしょう。目で異常がないかという確認でだけでなく、製品によっては顕微鏡やマイクロメーターなどを使って細かくチェックすることもあります。製品の中に不適合品が混ざっていたら、担当者に報告して対応を依頼します。

指示された物を持ってくるピッキング作業

出荷前の商品を大量に保管している倉庫などで、伝票や指示書にかかれている商品を取り出していく仕事です。物を取り出して運ぶだけなので、未経験者でも活躍できる仕事です。たくさんの物を運ぶので、力自慢の人が向いているでしょう。ただ、酒類など、重量のある商品を運ぶ場合は、フォークリストの免許が必要になることもあります。

機械を操作するマシンオペレーター

マシンオペレーターとは、その名の通り機械を操作して仕事をするというものです。最近の工場では、製品を製造するにあたり機械を導入されていることがほとんどですし、質の良い商品を量産するには、機械に的確に指示を出すことが大切になってきます。マシンオペレーターの仕事は、機械にプログラムを入力したり、機械が順調に作動しているかチェックしたりします。

イカイアウトソーシングはこちら