ノー残業dayも設けられています

高度成長期やバブルの時代とは違って、無駄に残業することが少ないのが近年の工場での仕事です。サービス業や技術職・営業職などと違って、決められた時間での就労が徹底しやすいのがその理由でしょう。もちろん残業はあるのですが、サービス残業ではなく既定の割増賃金をもらえる残業です。これは時間による交替制勤務などを取り入れることによって、一人の人に負担が集中するのを防止しているからです。さらに労働組合も強固であり、36協定は厳守されています。会社によってはノー残業dayの取り組みやプレミアムフライデーも行われています。決められた時間で帰って、趣味や自己啓発などに取り組みたい人には最適の職種といえます。その様な人は、工場の求人に応募しましょう。

有給休暇も取りやすくなっています

お客様や業務の都合で休みが取りづらいと嘆いている人も多くいますが、工場勤務の場合、比較的簡単に有給休暇が取れます。これは、多くの仲間が力を合わせて業務を行っているからで、休みを取る人の仕事をカバーする体制ができているからです。人手不足のサービス業など、休暇が取りづらいこともあるでしょうが、工場では計画的に休むことができます。有給休暇は労働者の権利ですが、それもままならない職業が多いのが現実でした。しかし、工場であれば計画的にリフレッシュ休暇が取得できるでしょう。さらに法律も後押ししています。まもなく、有給休暇を年に5日以上取得しなければならないことになります。このため、各工場では全員一斉の有給休暇取得日を設けるなどの対策が始まっています。

千葉の工場の求人は県内各地に広がっています。雇用形態は正社員で、未経験者歓迎という企業が多く、福利厚生も充実しています。